top of page

AIによる異常検知・寿命予測

センサーデータから設備の異常や寿命をAIが高精度に予測

「異常検知・寿命予測ソリューション」は、センサーデータから得られる時系列データや音声データをもとに、それぞれの特性を解析することで設備故障の兆候や異常を事前に予測、検知しあらゆる設備の保守・保全業務効率化と寿命予測を実現します。安定した生産ラインの稼働には製品を製造する設備の異常や故障の兆候をいち早く発見することが重要です。

AIの導入により設備の状態をリアルタイムで監視し、高精度に異常を検知することでメンテナンスにかかる保守コストの削減や高い生産性の継続的維持を可能にします。

lalit-HpPmiduLDC0-unsplash_edited.webp

主な活用対象

Use cases

生産設備の保全や
交換メンテナンス時期の見極め

センサーデータからの異常検知_2.png

全製造工程における

​以上の迅速な発見

センサーデータからの異常検知_3.png

監視員や保全員の

省人化・遠隔化

従来は、熟練工による目視でのデータ監視や経験則に基づいた異常の検出が為されてきましたが、センサーデータから得られたデータを最新の機械学習モデルに学習させることで、人手に頼らない異常の検出が実現します。保全業務での膨大なデータ量の確認や長時間に及ぶ監視といった負担を軽減します。

大量なセンサーデータ

生産ラインに設置している膨大な数のセンサーデータの中から、

高い異常度を示すセンサーデータをピックアップすることが可能です。

長時間のセンサーデータ

長時間にわたる監視の中でも高精度に異常を検出することが可能です。

ソリューションの特徴

Solution Features

センサーデータからの異常検知_4.png

​目的や用途に合わせて機械学習以外を含めた適切なモデルの選定が可能

センサーデータからの異常検知_5.png

利用環境に合わせた

カスタマイズが可能

センサーデータからの異常検知_7.png

少量データに対しても活用可能

センサーデータからの異常検知_6.png

最新の

精度の高いモデルを活用

bottom of page