top of page

データの信頼性を測るフェイク判定レポートサービスの提供を開始

Updated: Jun 12

多面的な調査でデータの信頼性をレポーティング

フェイク判定レポートサービスのサムネイル画像

NABLAS株式会社では、フェイク判定レポートサービスの提供を開始しました。本サービスでは、データや情報についてリアルかフェイクかの判定だけではなく、複数の観点からデータが信頼に値するものかを多重的に検証します。これにより、幅広いユーザーやニーズに対する情報の信頼性確保に貢献します。


◾️背景

近年の急速なAI技術の発展は私たちの生活に変革をもたらしています。特にテキスト、画像、動画、音声等を生み出す生成AIは、SNSでの利用からビジネスシーンでの活用まで幅広く浸透し利便性や生産性の向上に役立てられています。一方で、それらの普及に伴い生成AIを悪用するケースも見られ、情報に対する信頼性の確保やフェイクメディアの判別が課題となっています。このような状況下において、画像・動画・音声、テキストなどの様々な形式のデータに対し、それがAIによって生成されたものであるかをAIによって検出・判定する「フェイク検知」の技術は年々その重要性を増しています。

フェイク検知では対象のデータに対し、AIが「アーティファクト」と呼ばれる不自然な箇所を判定の手がかりとしてリアルかフェイクかを識別します。AIによるフェイク検知は、人間の目では認知しづらいアーティファクトまで着目しフェイクの検出が可能な一方で、未知の手法で生成されたフェイクデータに対しては、検出が困難となることもあり、AIのみでのフェイク検出には課題もあります。


そこで当社では、これまでフェイク検出技術の開発に取り組んできた知見を基に、AIによるフェイク判定に加え、人間があらゆる視点からデータを解析し多面的に情報の信頼性を検証する「フェイク判定レポート」を開始することにいたしました。


フェイク検出器でAIがフェイク判定のために着目した箇所のヒートマップ画像
フェイク検出時にAIが判定のために着目した場所がヒートマップで示される。

◾️フェイク判定レポートサービスについて

フェイク判定レポートサービスは、対象のデータのAI生成か否かだけでなく、データそのものの信頼性を複数の視点から分析し、情報の信頼性を検証するサービスです。検証方法として、AIによるフェイク検出に加え、人間によってアカウントや拡散経路の信頼性調査、データの加工や、データの内容とそこに含まれるリンクなどの付帯情報を踏まえたファクトチェックなど、多面的かつ総合的にデータの信頼性に関するレポーティングを行います。


【料金】

依頼1件 / 20万円~

※料金は今後変更する可能性があります。

※あくまでも確率的に算出するため判定結果の保証はいたしかねます。


▶判定のお問い合わせはこちら

▶当社のフェイク検知サービスについてはこちら


◾️フェイク判定レポートサービスの特徴

①複数観点からの信頼性チェック

AIが生成したフェイクデータか否かを調査するフェイク検出器での検証に加え、アカウントの信頼性や情報の拡散経路、データの加工履歴やデータに関連するリンク情報などの内容についても詳細に検証し、多面的にデータの信頼性チェックを行います。AIでは判定しきれない未知のフェイクデータや、最新の手法を用いて生成されたデータに対して、人間の分析を加えて総合的にデータの信頼性を判定します。


②データ1点からの対応が可能

フェイク検証を希望するデータが少数の場合でもデータの信頼性検証が可能です。データ1点からの検証依頼にも対応可能なため、特定のデータに焦点を当てて詳細な信頼性のチェックを実施したいといったニーズまで幅広く対応します。


③多様なデータ形式の検証に対応

画像、動画、音声、テキストなど、多様なデータ形式の検証に対応しています。これにより、様々なメディアコンテンツに対する信頼性チェックを行うことが可能です。


◾️今後の展望

今後は、多面的なチェック・レポート機能を自動化させることで、ユーザーがさらに迅速かつ正確に情報の信頼性を評価できる環境を整備してまいります。また、当社では引き続き、フェイク検出モデルの精度向上や新たなフェイク生成手法への対応も進めてまいります。


■ お問い合わせ

当社のフェイク検出に関するお問い合わせは以下フォームからお気軽にご相談ください。

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page