外観検査AI

外観検査AI 

VISUAL INSPECTION AI

より速く正確に、製品検査を自動化

製品の外観検査は、自動車や食品、化粧品などを製造するメーカーにとって重要な業務です。AIで多くの検査項目に対し素早く正確な外観検査を実施することが可能な時代になりました。

NABLAS独自の外観検査AI技術により、多様な課題に対して適切な支援が可能です。お気軽にご相談ください。

MERIT

外観検査AIの導入メリット

外観検査AIは、インダストリー4.0時代における次世代スマートファクトリーの必須技術で、世界中で技術開発が進められています。

省人化・後継者不足の解消

検査の自動化を通じて作業の負担を軽減。

後継者不足・育成問題を解消し、

社内リソースを確保

検査品質の安定と向上

ヒューマンエラーをゼロに近づけ、

均一的な品質の検査を実現

検査スピードの向上とスケール化

AIによる検査スピードの向上、

並列化することで容易にスケール化を実現

PROBLEM

外観検査AI導入のハードル

外観検査にAIを導入するメリットは多い一方で、コストが高い、データ準備の手間など導入までには高いハードルがあります。

専門家が必要

技術的難易度が高く、導入・維持するためには

内部に技術者を中心とした体制を作る必要がある

​データの準備が困難

特に不良品のデータが必要だと言われたが

なかなかデータを揃えられない

継続的な開発コスト

導入時の性能を維持するためには

継続的なデータ作成とモデルの改良が必要

​FOR NABLAS SOLUTION

NABLASの外観検査AI​の特徴

NABLASの次世代外観検査AIは、AI時代のスマート工場の実現を支援します。

極少量のデータでも高い精度を実現

独自技術により、少量の良品データからでも

高い精度を実現。

導入と運用にかかるコストを大幅に削減

小さな異常・未知の異常も見逃さない高い検査精度

高い性能を実現するための統合機構で

小さな異常や未知の異常も検知

継続的な自動学習

継続的な学習機構によりデータを収集し、

自動で学習することで性能を維持。

技術者不要のソリューションで維持コストを軽減

CASES

​外観検査の対象例

金属製品

打痕、ヒビ、メッキ不足、割れ、錆、

汚れ、付着物、バリなど

精密部品

断線、半田不足、端子の欠け、曲がり、

ブリッジはんだ、実装漏れなど

プラスチック製品

凹み、キズ、ヒケ、黒点、変形など

ゴム製品

凹み、キズ、汚れ、色ムラなど

食品

骨などの異物の混入、包装のピンホール、容器ラベルのズレ・破れなど

ガラス製品

キズ、割れ、汚れなど

​FLOW

導入までの流れ

​NABLASの外観検査について、より詳しいご説明をご希望の方はぜひお気軽にお問い合わせください。
良品画像をいただければ無償ですぐに簡易PoCを行うことも可能です。

導入フロー

CONTACT

お問い合わせ

ご相談は随時受け付けております。お気軽にお申し込み・お問い合わせください。